私はあなたのムダ毛処理の事前事後になりたい

大手の脱毛サロンでは、どこでもVIO脱毛を何の心配もなく受けることができるようですが、一昔前までは必ずしもどこででも行われていたワケではなかったようです。大切な部分だけに、それだけ高い技術力が求められていたことがその理由のようです。技術の進歩ってありがたいですね。ヨーロッパのセレブの間では全剃りしてツルツルにするのが常識という話も聞きました。VIO脱毛はハイジニーナ脱毛ともいうそうで、実はハイジニーナとは「衛生」という意味の言葉らしいです。ハイジニーナ脱毛は衛生面を考慮しての脱毛であることがよく分かる豆知識です。そこで気になるのがハイジニーナ脱毛をどこの脱毛サロンで行うかなんですが、候補としては「ミュゼプラチナム」「エピレ」「ピュウベッロ」などが有力のようです。回数・料金・その他の特徴など、VIO脱毛をするうえで情報を提供してくれたサイトを紹介します。両ワキとVラインの脱毛に通い始めてから、そうする前までは悩みを抱えていた私のワキの醜さもかなり正常な状態まで回復することができました。現在では肌荒れを引き起こしていたカミソリはほとんど使わなくなり、施術を予約した前日の自己処理は首尾一貫して電気シェーバーを愛用しています。これも、肌トラブルの解決に努めてくれるプロのエステティシャンの方のアドバイスのおかげです。私が次に興味を引かれたのはハイジニーナ脱毛です。足の付け根に沿ったVラインだけは両ワキとセットの契約でケアしてもらっていますが、Vラインは足の付け根に沿った部分だけで、アンダーヘアのほんの一部分にすぎません。もっと全体的に毛が生えている部分を狭くしたいし、もっと薄く見えるようにしたいんです。そういうわけでアンダーヘア全てが脱毛範囲のVIO脱毛しかありません。下の毛って脱毛に興味を持つまでは生い茂っているのが普通の事だと思っていましたが、剃り落とした方が実はいいらしいということも初耳でした。なんといっても生理の時に煩わしさが格段になくなるし、ニオイやムレを気にする必要が大幅に減るそうです。一回自己処理から解放されると、違う部位の脱毛もしたくなるという話は良く聞いていました。自分にはまだだいぶ先の話だろうと甘く見ていたのですが、その時は意外に早く訪れました。もともと人よりも毛量が多いことにコンプレックスを持っていた私の興味は、すでに次の脱毛プランに向かっています。VIO脱毛の施術範囲は、各社で多少の違いがありますが、これは単に名称の付け方の違いであって、総合的に検討した場合、どこの脱毛エステでも大差はないのが実情です。脱毛範囲の違いは問題ではないと言っても言い過ぎではないでしょう。陰毛の脱毛をする時に気がかりなことのひとつが、Vゾーンの仕上がり具合です。多くの脱毛サロンではアンダーヘア全体の面積や形を希望どおりに注文することができます。多くの方が希望するのは、毛のあるところは小さくして形は自然に近い逆三角形らしいです。Vゾーンの完成形を自慢できるようにするための極意は、境界線をできるだけ作らないことだそうです。ですから脱毛開始後しばらくは事前処理の段階から全剃りして毛量を減らしていくのが王道らしいです。確かに処理跡が分かってしまうとこの上なく品がなくなりますからね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ